Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 841
昨日 : 2372
今月 : 14982
総計 : 2295481
平均 : 601
Who am I ?
初貝 安弘 ORCID iD icon
筑波大学
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
初貝写真
Yasuhiro-Nov11-2009
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y.Hatsugai
Project
メインメニュー
初貝 安弘
1962年(昭和37年)8月生まれ(福島県福島市)
学歴
1981年3月: 福島県立福島高等学校卒業
1981年4月: 東京大学理科I類入学
1983年4月: 東京大学工学部物理工学科進学
1985年3月: 東京大学工学部物理工学科卒業
1985年4月: 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程入学
1987年3月: 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程修了
1987年4月: 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程進学
1989年2月: 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程退学
1990年10月: 東京大学工学博士(論文博士)"Numerical Study of Correlated Electron Systems"  東京大学学位論文データベース
職歴
1989年3月: 東京大学物性研究所助手
1992年10月-1993年9月: マサチューセッツ工科大博士研究員 (兼任)
1995年4月: 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 講師
1996年10月: 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 助教授
2007年4月~2011年9月: 筑波大学大学院数理物質科学研究科物理学専攻 教授
2011年10月~現在:筑波大学数理物質系物理学域教授
2010年4月~2012年3月: 筑波大学理工学群物理学類長
2010年11月~2012年3月:東北大学客員教授(学際科学高等研究センター)(客員II種併任教授)
2014年5月~2021年3月:東北大学特任教授(客員)(国際集積エレクトロニクス研究開発センター)
2011年5月~2017年9月: 筑波大学学際物質科学研究センター(TIMS)教授(量子物性コア)兼務)
2017年10月~現在: 筑波大学エネルギー物質科学研究センター(TIMS)教授(量子物性コア)兼務)
2016年4月~2018年3月: 筑波大学理工学群副学群長(評議員)
2018年4月~2020年3月: 筑波大学数理物質系物理学域長
2018年4月~2020年3月: 筑波大学大学院数理物質科学研究科物理学専攻長
受賞
♣ 2015年3月23日: 日本物理学会第20回論文賞 : "Chern Numbers in Discretized Brillouin Zone: Efficient Method of Computing (Spin) Hall Conductance", J. Phys. Soc. Jpn. 74, pp. 1674 (2005) with T.Fukui and H. Suzuki
♣ 2016年2月17日 : 2015 BEST FACULTY MEMBER, Univ. Tsukuba
♣ 2016年8月: 日本学術振興会「平成27年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当) 表彰 」
♣ 2018年4月10日: 平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰,科学技術賞(研究部門)初貝安弘「トポロジカル相でのバルクエッジ対応の研究」, [PDF]
♣ 2019年2月18日 : 2018 BEST FACULTY MEMBER, Univ. Tsukuba
学会
日本物理学会 (1986年8月1日より)

モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3(遠隔). 冬は 統計力学2 改め物性理論4 (大学院「ベリー接続の理論とバルクエッジ対応」). 令和二年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと178日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2020-06-18 07:34:20 (69 ヒット)

Linear electric circuits are one more non-quantum platform of the topological phenomena such as bulk-edge correspondence we have been working around. Then its non-hermitian extension with/without symmetry is surely of the important targets. We have here discussed mirror skin effects of the non-hermitian electric circuit where the boundary states dominate on the mirror symmetric lines. Also possible realization is proposed. Have a look at "Mirror skin effect and its electric circuit simulation" by Tsuneya Yoshida, Tomonari Mizoguchi, and Yasuhiro Hatsugai, Phys. Rev. Research 2, 022062(R) (2020) (Open access).


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2020-06-09 12:11:19 (88 ヒット)

We have been proposing a systematic construction scheme of flat bands by molecular orbitals (MO). Now it is extended for systems with non trivial topology where non trivial bands with non zero Chern numer may cross the flat bands although the Chern number of the flat band itself is vanishing. We have presented a various other examples such as the Haldane model and the Kane-Mele model of the MOs'. Have a look at Systematic construction of topological flat-band models by molecular-orbital representation" by Tomonari Mizoguchi and Yasuhiro Hatsugai, Phys. Rev. B 101, 235125 (2020) also arXiv:2001.10255.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2020-03-15 00:55:42 (270 ヒット)

Topological phases are everywhere. Higher order topological phases are realized in a spring mass model on a Kagome lattice. Berry phases quantized in a unit of 2π/3 predict localized vibration modes near the corner of the system. This quantization is due to a symmetry protection. Have a look at our paper in Physical Review B. Most of the topological phenomena are realized in a mechanical analogue, which are much accessible without any real high-tech. Of course, it is still a non-trivial task.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2020-02-26 09:17:33 (401 ヒット)

Pierre Delplace (Laboratoire de Physique, École Normale Supérieure de Lyon, France) will be telling us on his series of works as a title "Topological waves from condensed matter to the atmosphere". Audience from various area is welcome such as physics and geophysics. The talk is from 14:00 Feb. 27 (2020) at B118. See details in pdf. Join us.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2020-01-15 01:17:36 (519 ヒット)

ZQ Berry phase, that is quantized due to symmetry, is defined and used successfully for characterization of 2D/3D higher order topological phases with/without interaction. Both for spins and fermions. The article by Hiromu Araki, Tomonari Mizoguchi and Yasuhiro Hatsugai has been published in Physical Review Research. Also it is highlighted here as one of the Rapid Communications. Have a look at !


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ