Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 104
昨日 : 358
今月 : 12147
総計 : 1549759
平均 : 518
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
理工学群副学群長(評議員)
数理物質系物理学域
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
学際物質科学研究センター(TIMS)教授
初貝写真
初貝写真
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
リンク
科学研究費補助金
大学公式ページ(科研費) [Link]
科研費データベース 初貝安弘
プロジェクト
[1]基盤研究A : トポロジカル相におけるバルク・エッジ対応の物理とその普遍性:固体物理から冷却原子まで
研究課題番号:26247064 Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
April 2014 - March 2017
Project leader :
初貝 安弘 (筑波大学)
Core Member (alphabetical) : 分担者
青木 秀夫 (東京大学)
福井 隆裕(茨城大学)
河原林 透 (東邦大学)
木村 昭夫(広島大学)
高橋 義朗(京都大学)
Adjunct Member (alphabetical): 連携研究者
井村 健一郎 (広島大学)
苅宿 俊風 (筑波大学)
丸山 勲 (福岡工業大学)
岡 隆史 (東京大学)
[2] 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型) 原子層科学
[Web] # 25107005
Project No.: 2506,
Fiscal Years: 2013.4-2018.3
領域代表 齋藤 理一郎(東北大学教授)、理論班 連携研究者 初貝安弘 (筑波大学教授)
Fiscal Years: 2013.4-2018.3
[3]戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究代表者 波多野 睦子(東京工業大学教授)「炭素系ナノエレクトロニクスに基づく革新的な生体磁気計測システムの創出」
最近終了したプロジェクト
[1] 科学研究費補助金 基盤研究B:幾何学的位相による物質相:量子液体及びグラフェンでの応用と展開[Web]
April 2011 - March 2014: 1976万円
# 23340112
Project leader :
初貝 安弘 (筑波大学教授)
Member :
青木 秀夫 (東京大学教授)
河原林 透 (東邦大学教授)
島野 亮 (東京大学准教授)
岡 隆史 (連携研究者:東京大学)
苅宿 俊風 (連携研究者:筑波大学)
丸山 勲 (連携研究者:福岡工業大学)
[2] 科学研究費補助金 基盤研究B:対称性の破れを伴わない量子液体相:幾何学的位相による理論とその応用
April 2008 - March 2011
Project leader : Y. Hatsugai
[3] 科学研究費補助金 特定領域:フラストレーションが創る新しい物性
# 22014002
April 2008 - March 2012
公募研究研究代表者 初貝安弘
project Web site [Web]
[4] 科学研究費補助金 特定領域:スーパークリーン物質で実現する新しい量子相の物理
April 2006 - March 2010
project Web site [Web]
[5] 科学研究費補助金 萌芽研究:量子液体におけるバルクーエッジ対応とエンタングルメントエントロピー
April 2008 - March 2010
Project leader : Y. Hatsugai
[6] 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究:クラマース多重項による四元数的ベリー接続の理論と物理的応用への挑戦
April 2011 - March 2013
Project leader : Y. Hatsugai
# 23540460
まだまだ論文書きますよ
[7] 科学研究費補助金 基盤研究C 磁場中の電子状態計算と位相不変量による電子物性
# 23540460
April 2011 - March 2014
研究代表者 物質・材料研究機構 新井正夫、研究分担者 初貝安弘
[8] 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究:マヨラナ表示による幾何学的位相とトポロジカル秩序変数
# 25610101
April 2013 - March 2015
研究代表者:初貝安弘
前
III-p. 研究費とプロジェクト (2016)
カテゴリートップ
研究
次
III-p. 研究費とプロジェクト (2014)

モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成30年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと310日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-12-26 01:33:43 (138 ヒット)

最近の研究成果トピックスとして2017年度の科研費ニュース vol.3 にトポロジカル相とバルク・エッジ対応の関係の解説を我々の研究の背景として書きました。予備知識は不要ですのでご興味のある方はご覧下さい。「トポロジカル物質におけるバルク・エッジ対応」


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-12-22 19:52:51 (111 ヒット)

Michel Fruchart (Instituut-Lorentz Universiteit, Leiden) will give a talk on Jan.9 (2018), 10:30 am at Rm. B602 by the title Topology of effective evolutions: oriented scattering networks and the phase rotation symmetry


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-12-22 11:33:02 (105 ヒット)

Christopher Mudry (Paul Scherrer Institute, Switzerland) gives a talk by the title "Abelian topological order in three-dimensional space" at Rm. B602 from 14:00 on Dec.28, (2017). The detail is here


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-11-27 18:03:29 (360 ヒット)

We are organizing an "International workshop : Variety and universality of bulk-edge correspondence 2018 (BEC2018) . Please do not confuse with Bose-Einstein condensation :) Its program is ready.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-10-06 16:36:02 (198 ヒット)

The entanglement Chern numbers is a Chern number of an entanglement Hamiltonian which characterizes topological properties of a topological phase. Starting from a pure state density matrix of the ground state, one may obtain finite temperature (mixed state) density matrix by tracing out parts of the system. If the entanglement hamiltonian has a finite energy gap, the Chern number is well defined by lowering the temperature. We apply the concept for the 3D topological phases.The parity of the number of the Weyl point gives a well defined topological number to distinguish the the state is topologically non trivial. Have a look at arXiv 1708.03722 . The paper has been accepted for publication in Physical Review B.


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ