Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 321
昨日 : 451
今月 : 4742
総計 : 1694867
平均 : 522
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
数理物質系物理学域長
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
物理学専攻長
初貝写真
YasuhiroV.jpg
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
リンク
「バルクエッジ対応の物理の多様性と普遍性」
千葉大学大学院理学研究科 物理集中講義 (中山隆史 先生 ご紹介)
平成27年7月8日-9日
概要
近年、トポロジカル絶縁体およびグラフェンが実験的に合成されたことを契機に関連物質が多くの興味を集めているが、これらは全て系の境界に特徴的な局在状態であるエッジ状態が存在しその起源は系に境界のないバルクの電子状態にあり、逆にまたバルクの電子状態はエッジ状態により特徴づけられると考えられる「バルク・エッジ対応」に従うトポロジカル相である。この観点からは、種々の量子ホール相、超伝導体のAndreev/Majorana局在状態、Weyl半金属ならびにグラフェンのSi類似物質であるシリセンもその一連の現象、物質群に属する。 講義では、このバルク・エッジ対応の原理に従う現象の多様性を紹介した上で、その普遍性を理解する。
講義
0. Outline: [pdf]
1. Introduction: [Talk file pdf]
2. Quantum Hall effects: [Talk file pdf]
♫ Gauge invariance and Laughlin argument: [Detail pdf]
3. Electronic structue of silicene: [Talk file pdf]
4. Berry phases & Chern number (their quantization): [Talk file pdf]
5. Symmetry protection for topological phases: [Talk file pdf]
6. Bulk-edge correspondence: [Talk file pdf]
Q. Problems for the credit : [pdf]
前
「バルクエッジ対応の物理」広島大学集中講義(木村昭夫先生ご紹介)2012年6月27日−29日
カテゴリートップ
集中講義
次
「トポロジカル相の発見とその展開」九州大学大学院理学研究科 物理 (野村清英 先生 ご紹介)2018年(平成30年) 7月17日-19日

モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成30年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと21日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-12-06 22:57:18 (64 ヒット)

Yuji Matsuda (Kyoto Univ.) will be telling us about their discoveries on Dec. 14 entitled as "Majorana fermions and half-integer thermal quantum Hall effect in a quantum spin liquid". Its detail is here. Join us !


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-12-05 17:03:35 (14 ヒット)

Nobuyuki Okuma (Kyoto Univ.) will tell us in a long seminar entitled as "Real-Space Topological Classification: Higher-order topology and Atiyah-Hirzebruch spectral sequence" on Dec.19. The detail is here. Join us.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-11-12 17:21:21 (132 ヒット)

Shutaro Sumita (Kyoto Univ.) will talk on "Classification of topological crystalline superconducting nodes on high-symmetry axis" on Nov. 28. The detail is here. Join us.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-11-06 11:31:20 (143 ヒット)

We will organize an international workshop : Variety and universality of bulk-edge correspondence 2018X (BEC2018X) , Dec.9-Dec.13 (2018) Tokyo Campus, Univ. Tsukuba. The registration is open for oral/poster contribution. Please visit the site. We also welcome participation without presentation (still please register). It is free.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-10-03 15:59:27 (229 ヒット)

We will co-organize “Trends in Theory of Correlated Materials (TTCM 2018), Oct. 8-10 (2018), Geneva. Visit the site ! It's a continuation of successful bilateral workshops between Japan and Swiss.


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ