Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 969
昨日 : 1476
今月 : 16962
総計 : 1932925
平均 : 544
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
数理物質系物理学域長
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
物理学専攻長
初貝写真
初貝-small.jpg
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
[再公募]   現在、本科研費雇用の助教(筑波大学)(トポロジカル相の理論, 単年度更新2022年3月まで延長可能)を公募いたしております。 [LINK] 
flagflag
 
科学研究費補助金 基盤研究S : トポロジカル相でのバルク・エッジ対応の多様性と普遍性:固体物理を越えて分野横断へ
研究課題番号:17H06138
May 31, 2017 - March 31, 2022
205,140千円 (直接経費 : 157,800千円、間接経費 : 47,340千円)
2017年度 : 45,370千円 (直接経費 : 34,900千円、間接経費 : 10,470千円)
♥ 公開情報
♣ 日本学術振興会 平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(基盤研究(S))新規課題一覧 理工系
♠ 科研費ニュース vol.3 (2017): 初貝安弘 「 トポロジカル物質におけるバルク・エッジ対応
研究代表者 :
初貝 安弘 (筑波大学)
研究分担者(alphabetical) :
青木 秀夫 (東京大学)
福井 隆裕(茨城大学)
岩本 敏 (東京大学)
河原林 透 (東邦大学)
木村 昭夫(広島大学)
高橋 義朗(京都大学)
連携研究者
古田 幹雄 (東京大学)
井村 健一郎 (広島大学)
苅宿 俊風 (物質材料機構)
中島 秀太 (京都大学)
科研費雇用研究者(着任順)
溝口知成(筑波大学数理物質系物理学域 助教): 2018年3月1日〜2018年12月31日(2019年1月1日承継枠テニュアトラック助教に配置換)
岩澤英明(広島大学大学院理学研究科物理科学専攻 特定准教授): 2018年6月1日〜
武井宣幸(京都大学大学院理学研究科量子光学特別講座 特定准教授): 2018年9月1日〜

関連プロジェクト
基盤研究A : トポロジカル相におけるバルク・エッジ対応の物理とその普遍性:固体物理から冷却原子まで (2014年度-2016年度) (終了)

♣ Meeting
1. Start-up Meeting
Univ. Tsukuba, Meyogadani, Bunkyo-ku, Tokyo, June 25 (2017)
program
2. International workshop : Variety and universality of bulk-edge correspondence 2018 (BEC2018), Jan.4-Jan.8 (2018)
73 registered participants.
3. 3rd Informal workshop, May 19-20 (2018)
Univ. Tsukuba, Tsukuba
4. International workshop : Variety and universality of bulk-edge correspondence 2018X (BEC2018X) , Dec.9-Dec.13 (2018)
Tokyo Campus, Univ. Tsukuba, Myogadani, Tokyo
5. NTTI2019 & BEC 2019 at Hiroshima, July 14-19 (2019): International workshop : Variety and universality of bulk-edge correspondence 2019 (BEC2019) jointed with "New Trends in Topological Insulators 2019 (NTTI2019)"

BEC Seminar

♦ 公募
1. 助教公募 トポロジカル相の理論(筑波大学) : 決まりました。 溝口知成 さんにお願いすることになりました。ご応募ありがとうございました。現在溝口さんは承継枠テニュアトラック助教に配置換えになりました。
2. 特定助教または特定准教授公募 冷却原子を用いたトポロジカル物理に関する実験的研究(京都大学)
3. 2019年8月:助教公募 トポロジカル相の理論(筑波大学)

★ 一般記事
1. 特集:トポロジーによる新しい物性物理「物質内部と表面状態の深い関係:バルクエッジ対応」 雑誌 パリティ 2017年7月号, p14-p18 初貝安弘
2. コラム:メイドインジャパン物理用語 物性編 TKNN数 雑誌 パリティ 2017年7月号, p41-p41 初貝安弘
3. 「トポロジカル秩序とベリー位相」 初貝安弘 (2013) 日本物理学会誌 68巻1号
4. 「量子ホール効果におけるエッジ状態と位相不変量」初貝安弘, 固体物理340号(1994) [pdf]
5. 「物理学における線形代数:量子力学での展開」 (ベリー接続としての単磁極など)雑誌 数理科学5 月号, p15-p22 (2017年)初貝安弘
6. 「2016年ノーベル物理学賞について/物質中に普遍的に存在するトポロジカルな構造」 雑誌 数学セミナー4 月号, p36-p41 (2017年)初貝安弘
7. 「2016年度ノーベル物理学賞:David J. Thouless氏,F. Duncan M. Haldane氏,J. Michael Kosterlitz氏―トポロジカルな相転移とトポロジカルな物質相の理論的発見」 学界ニュース, 日本物理学会誌12月号 p855-p856 (2016年) 初貝安弘
8. 「トポロジカル物質におけるバルク・エッジ対応」 科研費NEWS, 2017年度 vol.3, p8-p8 初貝安弘
9. チャーン数の量子化の解説: [やさしい説明]

★ 専門家向け
1. バルク・エッジ対応
2. バルクエッジ対応の多様性: [2019.1.23 新学術領域研究「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」講演概要]

★ 集中講義
九州大学 (supported by the present project)
千葉大学(2015), 広島大学(2012) (before the project)

前
VI. トポロジカル相におけるバルク・エッジ対応の物理とその普遍性:固体物理から冷却原子まで (終了) April 2014 - March 2017
カテゴリートップ
研究
次
VIII. 科研費

モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成31年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと79日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-09-30 11:19:28 (106 ヒット)

Exact flatness of energy bands implies some reasons behind. Here we present one of them, "molecular orbital (MO) representation", which seems to be applied for various classes of tight binding models. Mathematically if the rank of the hamiltonian as a linear operator is less than the number of atomic sites, the kernel of the linear operator has a finite dimension. This is the zero mode flat band. The MO rep. presents nice physical reasons for it. Original proposal by YH with Isao Maruyama in 2011 in EPL and arXiv is counting dimensions of non-orthogonal projections but the hopping of the MO's is allowed as we pointed out (it should be). It's a fun to guess what kinds of the MO representation is possible for a known flat band system. Try ! Also several physical reason why the flat band crosses/touches to dispersive bands in many cases are discussed. Our new paper has appeared in EPL, "Molecular-orbital representation of generic flat-band models", by T. Mizoguchi and Y. Hatsugai , also arXiv.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-09-10 11:03:57 (101 ヒット)

I wrote a small article "So Small Implies So Large: For a Material Design" in the "News and comment" section of the JPSJ in relation to a recent interesting paper by Toshikaze Kariyado. Material deformation induces a gauge field that modifies electronic structure and may result in the Landau levels without breaking time reversal. Have a look at.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-09-09 22:11:58 (107 ヒット)

Our paper "Higher-Order Topological Phase in a Honeycomb-Lattice Model with Anti-Kekulé Distortion" by Tomonari Mizoguchi, Hiromu Araki, and Yasuhiro Hatsugai, has appeared in J. Phys. Soc. Jpn. 88, 104703 (2019). One can access also via arXiv:1906.07928. Z6 quantization in honeycomb structure is the key. Have a look at.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-08-26 14:24:32 (149 ヒット)

Ryo Okugawa (WPI-AIMR, Tohoku Univ.) will be telling us on his recent work as a title "Chiral-symmetry protected second-order topological phases" on Sep. 18 (2019). Rm. D301 from 13:30pm. Join us.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-08-08 00:43:18 (151 ヒット)

Due to an intrinsic symmetry of a mechanical system with friction governed by the Newton equation, exceptional rings appear in two dimensions. We have demonstrated it and classification of symmetry-protected non-Hermitian degeneracies is addressed putting a focus on the symmetry. The paper is published in Physical Review B, "Exceptional rings protected by emergent symmetry for mechanical systems" by Tsuneya Yoshida and Yasuhiro Hatsugai. You may find also here arXiv:1904.10764.


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ