Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 108
昨日 : 905
今月 : 20813
総計 : 1655924
平均 : 522
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
数理物質系物理学域長
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
物理学専攻長
初貝写真
初貝-small.jpg
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
flagflag
 
科学研究費補助金 基盤研究S : トポロジカル相でのバルク・エッジ対応の多様性と普遍性:固体物理を越えて分野横断へ
研究課題番号:17H06138
May 31, 2017 - March 31, 2022
205,140千円 (直接経費 : 157,800千円、間接経費 : 47,340千円)
2017年度 : 45,370千円 (直接経費 : 34,900千円、間接経費 : 10,470千円)
♥ 公開情報
♣ 日本学術振興会 平成29年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(基盤研究(S))新規課題一覧 理工系
♠ 科研費ニュース vol.3 (2017): 初貝安弘 「 トポロジカル物質におけるバルク・エッジ対応
研究代表者 :
初貝 安弘 (筑波大学)
研究分担者(alphabetical) :
青木 秀夫 (東京大学)
福井 隆裕(茨城大学)
岩本 敏 (東京大学)
河原林 透 (東邦大学)
木村 昭夫(広島大学)
高橋 義朗(京都大学)
連携研究者
古田 幹雄 (東京大学)
井村 健一郎 (広島大学)
苅宿 俊風 (物質材料機構)
小林 淳 (京都大学)
中島 秀太 (京都大学)

関連プロジェクト
基盤研究A : トポロジカル相におけるバルク・エッジ対応の物理とその普遍性:固体物理から冷却原子まで (2014年度-2016年度) (終了)

♣ Meeting
1. Start-up Meeting
Univ. Tsukuba, Meyogadani, Bunkyo-ku, Tokyo, June 25 (2017)
program
2. International workshop : Variety and universality of bulk-edge correspondence 2018 (BEC2018) , Jan.4-Jan.8 (2018)
73 registered participants.
3. 3rd Informal workshop, May 19-20 (2018)
Univ. Tsukuba, Tsukuba

BEC Seminar

♦ 公募
1. 助教公募 トポロジカル相の理論(筑波大学) : 決まりました。 溝口知成 さんにお願いすることになりました。ご応募ありがとうございました。
2. 特定助教または特定准教授公募 冷却原子を用いたトポロジカル物理に関する実験的研究(京都大学)

★ 一般記事
1. 特集:トポロジーによる新しい物性物理「物質内部と表面状態の深い関係:バルクエッジ対応」 雑誌 パリティ 2017年7月号, p14-p18 初貝安弘
2. コラム:メイドインジャパン物理用語 物性編 TKNN数 雑誌 パリティ 2017年7月号, p41-p41 初貝安弘
3. 「トポロジカル秩序とベリー位相」 初貝安弘 (2013) 日本物理学会誌 68巻1号
4. 「量子ホール効果におけるエッジ状態と位相不変量」初貝安弘, 固体物理340号(1994) [pdf]
5. 「物理学における線形代数:量子力学での展開」 (ベリー接続としての単磁極など)雑誌 数理科学5 月号, p15-p22 (2017年)初貝安弘
6. 「2016年ノーベル物理学賞について/物質中に普遍的に存在するトポロジカルな構造」 雑誌 数学セミナー4 月号, p36-p41 (2017年)初貝安弘
7. 「2016年度ノーベル物理学賞:David J. Thouless氏,F. Duncan M. Haldane氏,J. Michael Kosterlitz氏―トポロジカルな相転移とトポロジカルな物質相の理論的発見」 学界ニュース, 日本物理学会誌12月号 p855-p856 (2016年) 初貝安弘
8. 「トポロジカル物質におけるバルク・エッジ対応」 科研費NEWS, 2017年度 vol.3, p8-p8 初貝安弘
9. チャーン数の量子化の解説: [やさしい説明]

★ 専門家向け
バルク・エッジ対応

★ 集中講義
九州大学 (supported by the present project)
千葉大学(2015), 広島大学(2012) (before the project)

前
VI. トポロジカル相におけるバルク・エッジ対応の物理とその普遍性:固体物理から冷却原子まで (終了) April 2014 - March 2017
カテゴリートップ
研究
次
VIII. 科研費

モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成30年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと97日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-09-16 21:21:29 (72 ヒット)

Sami Mitra, Editor, Physical Review Letters will give a special seminar, "Physics after the lab and the desk: Your work in PRL", 10:30 am, Sep. 19 (2018) at Tsukuba International Congress Center EPOCHAL TSUKUBA 2F 202. Join us !


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-08-30 17:14:16 (186 ヒット)

Yuto Ashida (Univ. of Tokyo) will give a talk on Sep. 26 (2018) entitled "Quantum many-body physics in open systems: measurement and strong correlation". Its detail is here. It starts from 13:30. Join us.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-08-02 10:41:19 (566 ヒット)

I will give a talk in two coming conferences about topological phases and mathematics.

Progress in the Mathematics of Topological States of Matter, Sendai, AIMR, Tohoku Univ., 13–17 August 2018
Recent progress in mathematics of topological insulators, ETH Zürich, 3rd-6th September 2018


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-07-31 07:27:44 (243 ヒット)

New topological number as an entanglement polarization for the topological quadrupole phases is defined and its validity is demonstrated, T. Fukui and Y, Hatsugai, Phys. Rev. B 98, 035147, (2018) . It picks up dipolar components of quadrupole phases which are canceled out in total.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-07-25 13:53:14 (257 ヒット)

I gave a series of lectures at Kyushu Univ. on the topological phases for grad. students. The detail is here [Link] . Have a look at.


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ