Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 216
昨日 : 497
今月 : 8112
総計 : 1713331
平均 : 522
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
数理物質系物理学域長
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
物理学専攻長
初貝写真
Yasuhiro-Nov11-2009
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
リンク
 

Title:
ハニカム格子上のハバード模型におけるモット転移
Speaker:
大塚雄一 氏(理化学研究所 計算科学研究機構)
Date & time:
Nov. 21, 2013 16:00-17:30
Room:
筑波大学総合研究棟B棟609-2 (地図)

Abstract:
2次元ハニカム(蜂の巣)格子上のハバード模型に対する数値計算の結果を紹介する。
この模型で相互作用のない場合、分散関係はフェルミ準位近傍で線形となるいわゆ
るディラック電子系となっている。このため正方格子で見られるようなフェルミ面
のネスティング効果が存在せず、モット転移には有限の強さの相互作用(Uc/t)が必
要となる。弱相関領域の半金属相から強相関側の反強磁性絶縁体相への転移は以前
から数値的に確かめられていた[1]が、最近この二つの相の間の比較的広い領域に
スピン液体相が存在するとの指摘があり[2]注目を集めていた。それに対し我々は
より大規模かつ高精度な量子モンテカルロ計算を行い、提唱されたようなスピン液
体相は少なくともそのような広い領域には存在しえず、モット転移が半金属相から
反強磁性絶縁体相への直接転移であることを強く示唆する結論を得た[3,4]。講演
では補助場量子モンテカルロ法に関する定式化と計算の詳細についても議論したい。

[1] S. Sorella and E. Tostti, Europhys. Lett., 19, 699 (1992).
[2] Z. Y. Meng, et al., Nature 464, 847 (2010).
[3] S. Sorella, YO, and S. Yunoki, Sci. Rep., 2, 992 (2012).
[4] YO, S. Yunoki, and S. Sorella, J. Phys.: Conf. Ser., 454, 012045 (2013).
[ POSTER  for distribution ]

 

前
2. Dr. Fumiaki Morikoshi (NTT Basic Research Laboratories), "Nonlocality in ontological models of quantum theory" Dec. 19, 2013
カテゴリートップ
筑波大学物性セミナー

モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成31年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと349日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-01-17 06:06:28 (6 ヒット)

A machine learning is applied for a study of the higher order topological phases in our recent paper "Phase diagram of a disordered higher-order topological insulator: A machine learning study" by Hiromu Araki, Tomonari Mizoguchi and Yasuhiro Hatsugai, which is accepted for publication in Phys. Rev. B. Have a look at.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-01-04 13:31:15 (16 ヒット)

Our paper "Weyl points of mechanical diamond ", by Yuta Takahashi, Toshikazu Kariyado, Yasuhiro Hatsugai, has been published in Phys. Rev. B at the beginning of the year 2019. Weyl equation (massless Dirac equation) is applied for a description of the classical Newton dynamics with periodic structure, implying non-trivial edge states due to bulk-edge correspondence.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-12-06 22:57:18 (130 ヒット)

Yuji Matsuda (Kyoto Univ.) will be telling us about their discoveries on Dec. 14 entitled as "Majorana fermions and half-integer thermal quantum Hall effect in a quantum spin liquid". Its detail is here. Join us !


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-12-05 17:03:35 (62 ヒット)

Nobuyuki Okuma (Kyoto Univ.) will tell us in a long seminar entitled as "Real-Space Topological Classification: Higher-order topology and Atiyah-Hirzebruch spectral sequence" on Dec.19. The detail is here. Join us.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-11-12 17:21:21 (173 ヒット)

Shutaro Sumita (Kyoto Univ.) will talk on "Classification of topological crystalline superconducting nodes on high-symmetry axis" on Nov. 28. The detail is here. Join us.


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ