Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 426
昨日 : 178
今月 : 5366
総計 : 1491963
平均 : 526
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
理工学群副学群長
数理物質系物理学域
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
学際物質科学研究センター(TIMS)教授
初貝写真
Yasuhiro-Nov11-2009
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
リンク
25aSB-2 1549
電場中の2層グラフェンにおけるゼロエネルギーランダウ準位のトポロジカルな安定性
河原林透,初貝安弘A,青木秀夫B
東邦大理,筑波大物理A,東大理B
領域4
25aSB-3 3908
電子間相互作用による磁場下グラフェンの局在状態
濱本雄治,初貝安弘,青木秀夫A
筑波大物理,東大物理A
領域4
26pAG-6 1886
2次元パイロクロア格子におけるクロスダイマー相と量子化ベリー位相
棚谷翔,丸山勲A,初貝安弘
筑波大物理,阪大基礎工A
領域11
26pCJ-8 3410
2次元半導体ナノ構造における多電子波束ダイナミクスの検討
高田幸宏A,塩川太郎B,尹永択B,岩田潤一E,小鍋哲A,F,有川晃弘C,村口正和D,F,遠藤哲郎C,D,F,初貝安弘A,F,白石賢二A,E,F
筑波大院数物A,筑波大物理B,東北大スピントロニクスセC,東北大学際セD,筑波大計算セE,CREST-JSTF
領域4
27pBG-1 1041
Short-range entangled 系におけるZQ量子化ベリー位相の応用
初貝安弘A,丸山勲B
筑波大物理A,阪大基礎工B
領域11
27pBG-8 3615
フェルミオン・ダブリングを伴わないディラック電子のランダウ準位に対するランダムネスの効果
本田貴大,初貝安弘A,青木秀夫B,河原林透
東邦大理,筑波大物理A,東大理B
領域11
27pCE-4 3294
半導体ナノ構造における多電子波束ダイナミクスの印加電圧依存性
塩川太郎A,高田幸宏B,尹永択A,岩田潤一E,小鍋哲B,F,有川晃弘C,村口正和D,F,遠藤哲郎C,D,F,初貝安弘B,F,白石賢二B,E,F
筑波大物理A,筑波大院数物B,東北大スピントロニクス集積化セC,東北大学際セD,筑波大計科セE,CREST-JSTF
領域4

   
前
[P] Villa Conference on Topological Insulators, Orlando USA, April 16th to 20th (2012)
カテゴリートップ
国際会議、研究会、セミナー
次
[P] KITP Workshop on The Physics of Graphene, KITP Santa Barbara USA, Jan. 3-31 (2012)

モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成29年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと102日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-08-17 17:01:30 (196 ヒット)

初貝研究室では今回助教2名を公募いたします(公募締め切り2017年9月15日)。委細は [助教公募] をご確認ください。適任者のご推薦、ご応募の方よろしくお願いいたします。


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-08-17 17:00:09 (82 ヒット)

We are organizing a Japan-Swiss workshop TTCM2017 at EPOCHAL Tsukuba, Sep.10-13 (2017). Limited number of posters will be still accepted.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-08-03 13:38:17 (139 ヒット)

A numerical scheme to calculate the many body Chern number for a ground state multiplet is formulated and explicitly given for projected bands of any lattice. We demonstrate its validity for lattice analogue of the nu=1/3 and 1/2 states. The string gauge to realize the minimum flux compatible with the periodicity of the unit cell is also presented. [arXiv:1707.06722]. The paper is published in JPSJ lett.



投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-04-21 19:57:50 (225 ヒット)

数理科学5 月号(2017年)に「物理学における線形代数:量子力学での展開」として小話を3つ書きました。1.量子もつれ, 2.平坦バンド, 3. ベリー接続としての単磁極.興味のある方はご覧ください.「物理学と数学のつながり」数理科学 5月号


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ