Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 728
昨日 : 1126
今月 : 7550
総計 : 1996823
平均 : 554
Who am I ?
初貝 安弘 ORCID iD icon
筑波大学
数理物質系物理学域長
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
物理学専攻長
初貝写真
初貝写真
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー

Web 記事 - 2012年度大学大学説明会:教員からのメッセージ

2012年度大学大学説明会:教員からのメッセージ

カテゴリ : 
その他:高校生、学部学生向け
執筆 : 
hatsugai 2012-6-14 16:29
2012年度 大学説明会
「教員からのメッセージ」
初貝 安弘
1. 現在どんな研究をしているか

物質の性質とそこで起きる現象を物理的に理解する学問を物性物理学といいます。皆さんの使っている携帯電話、パソコン等の情報機器の物質的基礎は半導体にありますが、半導体の研究も物性物理学の一部です。電気抵抗がゼロになる超伝導や、磁石の起源である磁性も、CD,DVDの読み書きに使われている物質と光(レーザー光)との相互作用も物性物理学の対象の一つです。私も高校生の時には、物理学にそんな分野があるとは認識していませんでしたが、世界中の物理学者の少なくとも半数以上は物性物理学に関連する研究をしていると思います。私はその中でも量子論が重要な役割を果たす「量子的な物質相の理論的研究」をやっています。例えば、磁場中で電子が感じるローレンツ力に起因する量子効果は量子ホール効果を引き起こしますが、この量子ホール効果の理論や2010年度のノーベル物理学賞はグラフェンという単層の炭素2次元系(単原子の絨毯)の発見に与えられましたが、このグラフェンの上に住んでいる電子の振る舞いの理論的な研究などをやっています。

2. 大学時代の思い出

自分の将来像に関して大学に入学したときに考えていたことと卒業するときに考えていたことは随分と違いました。大学4年間は人生の中でも柔軟性に富んだとても大事な時代です。また、大学そしてその先には高校生の皆さんの想像を越えた多様で面白い学問分野が広がっています。大学入学はあくまで入り口です。大学に入学したら意識的に興味を広く持って、いろいろな学問分野に顔を突っ込んで見てください。

3.大学を目指す高校生へのメッセージ

 入学試験に合格しなければ大学に入れませんが、入学して大学の研究活動にはいると少し様子が変わります。試験の多くは個人を(無理に)順序付けするものですが、研究活動は優秀さの競争でなく、新しいものを見つける活動です。上にも述べましたが多様な分野の中で自分にあった、つまり、自分が得意な分野で他の人にできない何かを見いだし新しいものを生み出してください。広い意味ではそれが人類の文化に貢献するということです。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://rhodia.ph.tsukuba.ac.jp/~hatsugai/modules/d3blog/tb.php/34
モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成31年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと25日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-12-06 18:21:14 (9 ヒット)

On Dec. 18, 2019, Yuichi Otsuka (RIKEN) will tell us on their work of the quantum Monte Carlo study for interacting Dirac fermions on lattice. As is known, the Dirac fermions are mother of all topological phases. " QMC Study of quantum criticality in 2D interacting Dirac fermions.". The talk will be given in Japanese.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-12-03 01:35:51 (70 ヒット)

On Dec. 11 (Wed), K. Kawaguchi (RIKEN) will tell us on their work by a title "Collective cell dynamics and topology". It's a new area for us. Join the seminar. The talk will be given in Japanese.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-11-18 18:54:05 (81 ヒット)

We have discussed a non-hermitian version of the fractional quantum Hall states. The paper, by Tsuneya Yoshida, Koji Kudo and Yasuhiro Hatsugai, has been published in Scientific Reports ( also arXiv:1907.07596 ). Non-hermitian physics has been extended to the topologically ordered states. It's a try. Relevant situations can be realized in cold atom experiments.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-11-14 01:28:29 (114 ヒット)

Covalent Organic Frameworks (COF), I understand, is a large molecule where many (block) organic molecules are linked by strong covalent bonds in a periodic or non-periodic manner. It is a nice place where the higher order topological insulating phase is realized as we have pointed out. Then if the COF has boundaries, one can naturally expect edge states/corner states associated with the symmetry protected Berry phases of the bulk. This is correct. One of such a COF, we discussed, is a polymerized triptycene on a decorated star lattice. Our paper ”Flat bands and higher-order topology in polymerized triptycene: Tight-binding analysis on decorated star lattices” by Tomonari Mizoguchi, Mina Maruyama, Susumu Okada, Yasuhiro Hatsugai is for the phenomena and has been published in Physical Review Materials (See also arXiv 1907.06088).


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-11-09 07:50:55 (240 ヒット)

We have proposed a new correlated topological phase, "higher-order topological Mott insulator (HOTMI)" where spin-charge separated corner states emerge that are protected by Z3 spin Berry phases of the bulk. It is a generalized bulk-edge correspondence. The article has been published in Phys. Rev. Lett. (also arXiv:1905.03484). Have a look at.


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ