Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 765
昨日 : 1126
今月 : 7587
総計 : 1996860
平均 : 554
Who am I ?
初貝 安弘 ORCID iD icon
筑波大学
数理物質系物理学域長
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
物理学専攻長
初貝写真
YasuhiroV.jpg
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー

Web 記事 - クラマース縮退と四元数的ベリー接続

クラマース縮退と四元数的ベリー接続

カテゴリ : 
研究解説:  » ベリー接続
執筆 : 
hatsugai 2010-7-6 10:19

時間反転な系特有のクラマース縮退は4元数(Quaternion)により自然に記述されます。[Y. Hatsugai in Focus issue in topological insulators :NJP] [論文直接]

一般に波動関数の位相の不定性はベリー接続に U(1) のゲージ構造をあたえますが、クラマース縮退のある場合、それはSp(1)ゲージ構造となります。また、ベリー接続の特異点を与える偶然縮退は一般にはDirac単磁極を与えますが、時間反転不変な場合、この特異点はYang のSU(2)単磁極となります。この例のように Sp(1)=SU(2)の同値性に基づくと時間反転不変な系でのベリー接続はSU(2)ゲージ理論の一つの実現をあたえることとなります。
ここで通常の複素数を四元数(Quertenion)に読み替えることにより、時間反転を持たない場合と持つ場合がアナロジーを越えてマップとして自然に読み替えられることとなります。ベリー接続のゲージ固定条件を考えることにより、非自明かつ自然な次元は複素数、四元数の基底の数により規定され、それぞれ2次元、4次元となります。対応して位相不変量はそれぞれ、2次元、4次元球面上の第1,第2チャーン数であたえられ、その量子化は1つ次元が下の赤道上、1次元閉曲線上の回転数、3次元球面上のポントリャーギン数の量子化に帰着しますが、これは特定のゲージ固定のもとでの球面上の特異点とみることもできます。この特異点は、自然な次元から1つ次元をあげた、それぞれ3次元、5次元のなかで一般化したDirac stringとなり、その終点がDiracおよびYang 単磁極となるのです。これら2次元、4次元球面上の赤道はカイラル対称な部分空間として特徴付けられ、この赤道上での奇数次元の積分で定義されるベリー位相並びにチャーンサイモン積分は第一、第2チャーン数を整数のゲージ不定性としてのぞけば半整数値に量子化されることとなります。これがZ2量子化です。くわしくはまた!

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://rhodia.ph.tsukuba.ac.jp/~hatsugai/modules/d3blog/tb.php/25
モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成31年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと25日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-12-06 18:21:14 (9 ヒット)

On Dec. 18, 2019, Yuichi Otsuka (RIKEN) will tell us on their work of the quantum Monte Carlo study for interacting Dirac fermions on lattice. As is known, the Dirac fermions are mother of all topological phases. " QMC Study of quantum criticality in 2D interacting Dirac fermions.". The talk will be given in Japanese.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-12-03 01:35:51 (70 ヒット)

On Dec. 11 (Wed), K. Kawaguchi (RIKEN) will tell us on their work by a title "Collective cell dynamics and topology". It's a new area for us. Join the seminar. The talk will be given in Japanese.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-11-18 18:54:05 (81 ヒット)

We have discussed a non-hermitian version of the fractional quantum Hall states. The paper, by Tsuneya Yoshida, Koji Kudo and Yasuhiro Hatsugai, has been published in Scientific Reports ( also arXiv:1907.07596 ). Non-hermitian physics has been extended to the topologically ordered states. It's a try. Relevant situations can be realized in cold atom experiments.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-11-14 01:28:29 (114 ヒット)

Covalent Organic Frameworks (COF), I understand, is a large molecule where many (block) organic molecules are linked by strong covalent bonds in a periodic or non-periodic manner. It is a nice place where the higher order topological insulating phase is realized as we have pointed out. Then if the COF has boundaries, one can naturally expect edge states/corner states associated with the symmetry protected Berry phases of the bulk. This is correct. One of such a COF, we discussed, is a polymerized triptycene on a decorated star lattice. Our paper ”Flat bands and higher-order topology in polymerized triptycene: Tight-binding analysis on decorated star lattices” by Tomonari Mizoguchi, Mina Maruyama, Susumu Okada, Yasuhiro Hatsugai is for the phenomena and has been published in Physical Review Materials (See also arXiv 1907.06088).


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2019-11-09 07:50:55 (240 ヒット)

We have proposed a new correlated topological phase, "higher-order topological Mott insulator (HOTMI)" where spin-charge separated corner states emerge that are protected by Z3 spin Berry phases of the bulk. It is a generalized bulk-edge correspondence. The article has been published in Phys. Rev. Lett. (also arXiv:1905.03484). Have a look at.


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ