Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 277
昨日 : 485
今月 : 8183
総計 : 1686094
平均 : 523
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
数理物質系物理学域長
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
物理学専攻長
初貝写真
YasuhiroV.jpg
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
リンク

Web 記事 - アーカイブ一覧

アーカイブを検索する

アーカイブ一覧

カテゴリ 掲載日 タイトル エントリ本文
グラフェン 2013/09/16 久しぶりにグラフェンとは? グラフェンとは炭素原子が蜂の巣格子状に結晶化した2次元つま...
その他:高校生、学部学生向け 2012/06/14 2012年度大学大学説明会:教員からのメッセージ 2012年度 大学説明会 「教員からのメッセージ」 初貝 ...
その他:高校生、学部学生向け 2012/04/05 平成23年度 筑波大学理工学群物理学類学位授与式 物理学類長祝辞 平成24 年3 月23 日 ...
その他:高校生、学部学生向け 2011/04/25 物理学はじめの一歩 大学初年次の学生の...
その他:高校生、学部学生向け 2011/03/10 原点:筑波大学新聞 「原点」筑波...
ベリー接続 2010/08/20 2次元と3次元でぐるぐる 3次元空間にある物体の回転は(x,y,z)軸の組(フレーム)...
ベリー接続 2010/07/06 クラマース縮退と四元数的ベリー接続 時間反転な系特有のク...
その他:高校生、学部学生向け 2010/03/10 物理学が大事にするもの(大学新入生に向けて) 皆さんは物理学に対して色々なイメージを持っていると思いま...
ベリー接続 2010/01/29 ベリー位相(とゲージ構造) 断熱定理のところで説明したように量子系が時間的に変化...
ベリー接続 2010/01/28 断熱定理  原子(アトム)とはギリシャ時代に物質をどんどん細か...
グラフェン 2009/12/18 2次元固体の安定性とリップル グラフェンとは炭素原子が平面上で蜂の巣の形に規則的に...
ベリー接続 2009/12/16 量子論と経路積分 量子論における確率解釈:粒子の運動は各時刻における粒子の...
量子液体 2009/12/15 バルク・エッジ対応 量子ホール効果は2次元電子系にて実験的に測定されるホ...
ベリー接続 2009/12/13 トポロジカル項 解析力学によると古典的なニュートン方程式を導くラグラ...
ベリー接続 2009/12/07 アハロノフ・ボーム効果 例えば、変圧器のなかにあるようなコイルを考えてみまし...
グラフェン 2009/12/01 グラフェンとは? グラフェンってきいたことありますか? 物理関係の方は...
量子液体 2009/11/26 フラストレート磁性体における量子秩序 磁性体におけるフラストレーションとは、古典的かつ局所...
量子液体 2009/11/25 自発的対称性の破れ 対称性の破れについて説明します。
量子液体 2009/11/25 スピン液体 磁性体をスピンの集まりと見てその絶対零度もしくは十分低温...
ベリー接続 2009/11/25 幾何学的位相 まず、量子力学ならび量子力学に従う物理系においては複素数...
量子液体 2009/11/25 秩序変数と対称性の破れ 世の中には極めてたくさんのものつまり物質があり、それらは...
量子液体 2009/11/25 量子液体 気体という「相」においてはその構成粒子のあいだに特定の位...
量子液体 2009/11/25 トポロジカル秩序 近年の物性科学の進歩により、必ずしも対称性の破れを伴わな...
量子液体 2009/11/25 量子液体の幾何学的位相による特徴付け 量子液体はその名前にもあるように本質的に量子効果をその基...
量子液体 2009/11/25 量子ホール効果 量子ホール効果とは文字どおりホール伝導度(注)が量子化さ...
量子液体 2009/11/25 フラストレーション フラストレーションと聞けばイライラして当たり散らして...
ベリー接続 2009/11/25 時間反転対称性 時間反転対称性とは文字通り時刻を逆向きに進める変換で...

アーカイブのフッタナビゲーション部

  • 27件のエントリがあります
モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成30年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと41日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-11-12 17:21:21 (107 ヒット)

Shutaro Sumita (Kyoto Univ.) will talk on "Classification of topological crystalline superconducting nodes on high-symmetry axis" on Nov. 28. The detail is here. Join us.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-11-06 11:31:20 (95 ヒット)

We will organize an international workshop : Variety and universality of bulk-edge correspondence 2018X (BEC2018X) , Dec.9-Dec.13 (2018) Tokyo Campus, Univ. Tsukuba. The registration is open for oral/poster contribution. Please visit the site. We also welcome participation without presentation (still please register). It is free.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-10-03 15:59:27 (219 ヒット)

We will co-organize “Trends in Theory of Correlated Materials (TTCM 2018), Oct. 8-10 (2018), Geneva. Visit the site ! It's a continuation of successful bilateral workshops between Japan and Swiss.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-09-16 21:21:29 (201 ヒット)

Sami Mitra, Editor, Physical Review Letters will give a special seminar, "Physics after the lab and the desk: Your work in PRL", 10:30 am, Sep. 19 (2018) at Tsukuba International Congress Center EPOCHAL TSUKUBA 2F 202. Join us !


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-08-30 17:14:16 (268 ヒット)

Yuto Ashida (Univ. of Tokyo) will give a talk on Sep. 26 (2018) entitled "Quantum many-body physics in open systems: measurement and strong correlation". Its detail is here. It starts from 13:30. Join us.


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ