Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 329
昨日 : 300
今月 : 5325
総計 : 1509765
平均 : 522
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
理工学群副学群長
数理物質系物理学域
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
学際物質科学研究センター(TIMS)教授
初貝写真
Yasuhiro2-Nov11-09
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
リンク
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2012-03-15 08:44:43 (1726 ヒット)

 Our visiting professor Yshai Avishai is telling us about his recent research on March 15, 2012 (15:00 -17:00). The title of the talk is "Electron in the field of magnetic charge : Tight binding solution and mapping on a realistic physical system". It is understandable for students. Please feel free and come. The detail is here. Contact :Y. Hatsugai.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2012-02-25 18:00:26 (1894 ヒット)

 We have a distinguished visiting professor Yshai Avishai from Ben Grion University (Israel) staying with us from Feb.12 (2012) to March 31 (2012). He is the APS fellow and also working as one of the regional editors of the Physical Review Letters. 


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2010-07-06 17:30:25 (2373 ヒット)

7月13日(火)D410にて16:00より東大物工の宇田川将文さんに最近のご研究である電荷アイス系の厳密解、量子相転移他に関してのセミナーをお願いすることとなりました。ご関心のある方のご参加をお待ち致しております。M. Udagawa, H. Ishizuka, and Y. Motome, Phys. Rev. Lett. 104, 226405 (2010)  [詳細]  [poster]


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2010-05-31 11:20:27 (3060 ヒット)

5月27日(木)15:00から筑波大学自然系学系棟のD312にて現在東京大学物性研究所に滞在されている Giovanni Vignale 先生に"Many-body effects on the optical and magnetic properties of doped graphene sheets"と題してグラフェンに関する多体効果のお話をしていただくこととなりました。ご関連の皆さまは是非足をお運びください。 [要旨他] [ポスター]


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2009-11-16 19:00:39 (4293 ヒット)

筑波大学ーKEK連携mini研究会(初貝代表基盤研究B共催)


2009年11月27日筑波大学第一エリア自然学系棟B棟1階B119:プログラム [pdf]
・グラフェン、グラファイトをキーワードに実験、理論の皆様の意見交換、研究交流をめざしております。
・参加自由ですので当日直接にご参加いただければ幸いです。多数の方々のご参加をお待ちいたしております。
・場所等に関しましては以下のリンクをご参考にしてください。自然系棟B棟一階です。筑波大学...自然系棟B棟に関しては以下のリンクに詳細がございます。 [地図その他]


モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成29年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと44日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-10-06 16:36:02 (65 ヒット)

The entanglement Chern numbers is a Chern number of an entanglement Hamiltonian which characterizes topological properties of a topological phase. Starting from a pure state density matrix of the ground state, one may obtain finite temperature (mixed state) density matrix by tracing out parts of the system. If the entanglement hamiltonian has a finite energy gap, the Chern number is well defined by lowering the temperature. We apply the concept for the 3D topological phases.The parity of the number of the Weyl point gives a well defined topological number to distinguish the the state is topologically non trivial. Have a look at arXiv 1708.03722 . The paper has been accepted for publication in Physical Review B.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-08-17 17:01:30 (295 ヒット)

初貝研究室では今回助教2名を公募いたします(公募締め切り2017年9月15日)。委細は [助教公募] をご確認ください。適任者のご推薦、ご応募の方よろしくお願いいたします。


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-08-17 17:00:09 (333 ヒット)

We are organizing a Japan-Swiss workshop TTCM2017 at EPOCHAL Tsukuba, Sep.10-13 (2017). Limited number of posters will be still accepted.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-08-03 13:38:17 (256 ヒット)

A numerical scheme to calculate the many body Chern number for a ground state multiplet is formulated and explicitly given for projected bands of any lattice. We demonstrate its validity for lattice analogue of the nu=1/3 and 1/2 states. The string gauge to realize the minimum flux compatible with the periodicity of the unit cell is also presented. [arXiv:1707.06722]. The paper is published in JPSJ lett.



    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ