Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 622
昨日 : 331
今月 : 4986
総計 : 1603485
平均 : 522
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
数理物質系物理学域長
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
物理学専攻長
初貝写真
Yasuhiro-Nov11-2009
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2013-03-22 18:21:13 (1481 ヒット)

 We have published a paper on the chiral symmetry of graphene especailly in its relation to the optical responses. Role of the chiral symmetry in many body states of graphene is focued and the math details are presented. [Web]


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2013-01-13 10:44:18 (1647 ヒット)

先日の研究会で修士1年の鷲見理沙さんがポスター賞をいただきました。おめでとうございます。  [Link]


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2012-12-12 17:10:06 (5517 ヒット)

関係機関各位

筑波大学大学院数理物質科学研究科
物理学専攻長
大塚 洋一

前略 本専攻では,下記の要領で専任教員を公募することになりました。つきましては,貴機関関係各位にご周知いただくとともに,適任者のご推薦または応募についてご配慮いただきますようお願い申し上げます.草々

公募人員: 助教1名
所属組織: 数理物質系・物理学域
担当教育 組織: 数理物質科学研究科 物理学専攻ならびに理工学群・物理学類
専門分野: 「広い意味での物性理論・量子多体系の数値的手法による研究など。
本学物理学専攻の初貝安弘教授と協力して、研究を行うとともに物理学類、物理学専攻の教育を行う。
以下のURLを参照 http://rhodia.ph.tsukuba.ac.jp/~hatsugai
応募資格: 博士号取得あるいは着任までに取得見込み
着任時期: 2013年4月1日
任期等: 3年(年次更新)、年俸制。
提出書類

  1.  履歴書
  2.  業績リスト
  3.  主要論文別刷5編以内
  4.  今までの研究概要(2,000字程度)
  5.  着任後の研究計画と教育に関する抱負(2,000字程度)
  6.  本人について照会可能者2名以上の氏名,連絡先

公募締切り: 2013年1月11日(金)必着
書類送付先: 〒305-8571 つくば市天王台1-1-1 筑波大学大学院 数理物質科学研究科 物理学専攻長 大塚 洋一
問合せ先: 同専攻 初貝安弘 

その他: 封筒に「物性理論助教応募書類在中」と朱書し,簡易書留にて送付のこと。また,応募書類は返還しない。

[ 筑波大学本部広報ページ ]

 

 


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2012-11-26 15:30:45 (1699 ヒット)

We have published a paper on the chiral condensate which is a manybody ground state projected into the n=0 Landau level on a honeycomb lattice. It is a doubly degenerate Hall insulator with electron-electron interaction where the Chern number of the non Abelian Berry connection for the doublet is vanishing. We have stressed the bulk-edge correspondence. Please have a look at Phys. Rev. B


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2012-07-07 09:11:23 (2026 ヒット)

2012年6月末に広島大学で、木村昭夫先生のご紹介でバルクエッジ対応の集中講義やりました。ちょっと前(?)に名古屋でも。この機会に関連の情報を少し整理して右上のボタンにしました。ご参考までに。 [Page]


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2012-04-23 14:54:10 (2451 ヒット)

卒論輪講に読んでみましょう。ちょっと難しいかな?1章は格子上のブラウン運動、自由場の議論が自己完結的に書かれてます。最後の節を除いて十分普通の学部生で読めますね。 [detail]


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2012-03-15 08:44:43 (1817 ヒット)

 Our visiting professor Yshai Avishai is telling us about his recent research on March 15, 2012 (15:00 -17:00). The title of the talk is "Electron in the field of magnetic charge : Tight binding solution and mapping on a realistic physical system". It is understandable for students. Please feel free and come. The detail is here. Contact :Y. Hatsugai.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2012-02-25 18:00:26 (1997 ヒット)

 We have a distinguished visiting professor Yshai Avishai from Ben Grion University (Israel) staying with us from Feb.12 (2012) to March 31 (2012). He is the APS fellow and also working as one of the regional editors of the Physical Review Letters. 


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2012-01-04 02:26:47 (2378 ヒット)

Look at "Topological aspects of graphene", which includes some of original presentation of topological aspects of graphene as chiral symmetric Dirac fermions from a bit general point of view. [direct link] [Web] Our another contibutions also include original contributions [Chern number calculations combined with electronic structure calculation with Dr. M. Arai], [Multiple Dirac cones with  H. Aoki & H. Watanabe], [edge physics of graphene with M. Arikawa & H. Aoki]


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2011-10-26 08:43:51 (4289 ヒット)

In our recent paper, Euro. Phys. Lett. 95, 20003 (2011), we describe the ZQ quantization of Berry phases, which are adiabatic invariants to capture generic multimerization transition. It is a natural way to relax local entropy of quantum system to realize gapped quantum liquids. Our adiabatic invariants can be a topological order parameters for them. Our model is a line graph ( a kind of dual graph) of the d-dim graphene proposed by M. Creutz. Also we give explicit expression of the quantized Berry phase for the chiral symmetric fermion hamiltonian for half-filled many body state, which shows the Berry phase is not of the wave funcion but the character of the hamiltonian. Have a look at. Also available at arxiv.org/abs/1009.3792


« 1 ... 3 4 5 (6) 7 »
モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成30年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと195日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-06-20 11:30:51 (41 ヒット)

Our paper on ZN Berry phases for symmetry protected phase (SPT) has been published in Physical Review Letters, T. Kariyado, T. Morimoto and Y. Hatsugai, "ZN Berry phases in SPT phases". Have a look at. Also see EPL in 2011 for the ZN quantization.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-06-09 07:26:18 (37 ヒット)

Zongping Gong (Univ. of Tokyo) will talk on the topological phases of non-hermite system on July 11 (2018). Join us.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-06-06 15:25:13 (22 ヒット)

On June 13 (2018), Nobuyuki Yoshioka (Univ. of Tokyo) will give a talk on the physical application of the machine learning "Machine Learning Disordered Topological Phases by Statistical Recovery of Symmetry". Join us.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2018-04-20 18:51:10 (145 ヒット)

ありがとうございました: 平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰,科学技術賞(研究部門)初貝安弘「トポロジカル相でのバルクエッジ対応の研究」 [PDF]
筑波大学広報


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-12-26 01:33:43 (374 ヒット)

最近の研究成果トピックスとして2017年度の科研費ニュース vol.3 にトポロジカル相とバルク・エッジ対応の関係の解説を我々の研究の背景として書きました。予備知識は不要ですのでご興味のある方はご覧下さい。「トポロジカル物質におけるバルク・エッジ対応」


    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ