Select Language
アクセス数 Since 2009
今日 : 338
昨日 : 300
今月 : 5334
総計 : 1509774
平均 : 522
Who am I ?
初貝 安弘
筑波大学
理工学群副学群長
数理物質系物理学域
筑波大学大学院
数理物質科学研究科
物理学専攻 教授
学際物質科学研究センター(TIMS)教授
初貝写真
YasuhiroV.jpg
会議 & 研究会
グーグル検索:初貝
TAG index
ResercherID: Y. Hatsugai
Project
メインメニュー
リンク
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2014-05-22 13:41:08 (775 ヒット)

第35回 数理の翼 夏季セミナー で8月に話をします。皆さんmotivationが高そうなので楽しみにしています。[概要]


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2014-05-22 13:18:02 (880 ヒット)

We have discussed weak topological phases with super structures using Berry phases. Have a look at our paper with Y.Yoshimura, K.-I. Imura and T. Fukui [arXiv ].


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2014-02-08 11:45:15 (942 ヒット)

大学、大学院での物理学に興味がある方向けの「物理学ガイダンス」(日本評論社)に熱力学に関する小文を書きました。新入生でないかたもどうぞ。[日本評論社] [アマゾン]



投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2014-02-03 14:47:48 (765 ヒット)

Physics of graphene の第7章にグラフェンに関するトポロジカルな側面について少し詳しい議論をまとめました。(青木秀夫先生と共著)図書館等でご覧いただければ幸いです。[アマゾン ] で中身が一部ですが、読めます。


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2013-12-31 01:28:58 (1743 ヒット)

We have put a paper on the net. It's about the  symmetry protected quantization and bulk-edge correspondence of massless Dirac fermions. Have a look at [arXiv]. This paper is published in Dec.2013.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2013-11-25 16:09:20 (1340 ヒット)

Our paper is now online, which is on a doubly degererate manybody state of graphene without spin polarization. "Spin-resolved chiral condensate as a spin-unpolarized ν=0 quantum Hall state in graphene", Phys. Rev. B 88, 195141 (2013)Also have a look at [cond-mat].


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2013-11-07 07:44:38 (1723 ヒット)

理研の大塚雄一さんに11月21日(木)16時から筑波大学物性セミナーをお願いしました。グラフェン等ハニカム格子上の電子系の電子相関に関する量子モンテカルロ計算による最新の研究に関してお話しいただきます。ご興味のある方の参加をお待ちしています。[詳細] 。(今後、筑波大学物性セミナーを毎月第3木曜に開催する予定でおります。


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2013-10-30 09:16:49 (1382 ヒット)

「パリティー」にグラフェンでの原子崩壊についてのPhysics today の翻訳を書きました。[解説]


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2013-07-03 17:41:40 (1253 ヒット)

ちょっと良いかも 理系度75%だった。


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2013-06-27 08:38:27 (1268 ヒット)

We have published a paper on superlattices with symmetry protection. Have a look at [journal] [ [cond-mat]


« 1 2 3 (4) 5 6 7 »
モバイル機器でご覧の方
現在の時刻
今年もやります。まずは量子力学3. 冬は 統計力学2. 平成29年の新年あけましておめでとうございます。今年もあと44日!
最新ニュース
投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-10-06 16:36:02 (65 ヒット)

The entanglement Chern numbers is a Chern number of an entanglement Hamiltonian which characterizes topological properties of a topological phase. Starting from a pure state density matrix of the ground state, one may obtain finite temperature (mixed state) density matrix by tracing out parts of the system. If the entanglement hamiltonian has a finite energy gap, the Chern number is well defined by lowering the temperature. We apply the concept for the 3D topological phases.The parity of the number of the Weyl point gives a well defined topological number to distinguish the the state is topologically non trivial. Have a look at arXiv 1708.03722 . The paper has been accepted for publication in Physical Review B.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-08-17 17:01:30 (295 ヒット)

初貝研究室では今回助教2名を公募いたします(公募締め切り2017年9月15日)。委細は [助教公募] をご確認ください。適任者のご推薦、ご応募の方よろしくお願いいたします。


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-08-17 17:00:09 (333 ヒット)

We are organizing a Japan-Swiss workshop TTCM2017 at EPOCHAL Tsukuba, Sep.10-13 (2017). Limited number of posters will be still accepted.


投稿者 : hatsugai 投稿日時: 2017-08-03 13:38:17 (256 ヒット)

A numerical scheme to calculate the many body Chern number for a ground state multiplet is formulated and explicitly given for projected bands of any lattice. We demonstrate its validity for lattice analogue of the nu=1/3 and 1/2 states. The string gauge to realize the minimum flux compatible with the periodicity of the unit cell is also presented. [arXiv:1707.06722]. The paper is published in JPSJ lett.



    検索
    バルク・エッジ対応
    [0] バルクとエッジ
    [1] 集中講義
    [2] 原論文と解説
    [3] トポロジカル秩序とベリー接続:日本物理学会誌 「解説」 [JPS-HP] [pdf]
    [4] "Band gap, dangling bond and spin : a physicist's viewpoint" [pdf] [Web]
    トポロジカル相
    [0]昔の科研費
    科研費 1992年度:電子系スピン系におけるトポロジカル効果
    科研費 1994年度:物性論におけるトポロジーと幾何学的位相
    私の講演ファイルのいくつか
    [1] MIT, Boston (2003)
    [2] APS/JPS March Meeting (2004)
    [3] JPS Fall meeting, JAPAN (2004)
    [4] APS/JPS March meeting (2005)
    [5] JPS Fall meeting (2005):Entanglement
    [6] Superclean workshop, Nasu (2006)
    [7] MPIPKS, Dresden (2006)
    [8] KEK, Tsukuba (2007)
    [9] ETH, Zurich (2008)
    [10] ICREA, Sant Benet (2009)
    [11] JPS Meeting, Kumamoto (2009)
    [12]HMF19, Fukuoka (2010)
    [13] NTU, Singapore (2011)
    [14] ICTP, Trieste (2011)
    [15] Villa conf., Orland (2012)
    Web記事 カテゴリ一覧
    最新のエントリ
    Web記事 アーカイブ